産後、体の不調を溜めていませんか?

尿もれ
産後の尿もれ

尿もれがある
腰や足が横にひろがった

体重が元に戻らない
抱っこや授乳で腰が痛い
恥骨が痛い
お尻が痛い
股関節が痛い
抱っこ紐を使用しており肩こりがひどい
首が痛い
足がむくむ

足がしびれる

腕や手がしびれる

手首や手指が痛い

産後は、頻回の授乳や抱っこ、長期的な睡眠不足などによりお母さんの心身は疲労状態に陥りやすくなります。

日頃から軽い運動習慣があったりセルフケアを行っている方は、産後の過剰なストレスへの耐性が備わっていますが、運動習慣がほとんどなくお子さんのお世話による偏った体の動きへの頻度が高い方や体のアライメント障害(姿勢的あるいは構造的)がある方は、過剰な負担を強いられ疲労が蓄積されて長期的に悩むことになります。

産後の痛みやしびれあるいはその他不調は、お薬や湿布などに頼っても、一時的に緩和されるだけで、治る見込みはございません。
お薬には必ず副作用があります。継続して服用すれば免疫力が低下して、自分の治癒力で回復させることを難しくさせます。

10代、20代、30代、40代の若い女性は、骨や関節・筋肉などの組織が柔軟性に富んでおり、解剖学的な知識や技術力があり、的確にそれらを正常な状態へ調整することができるなら早期に痛みやしびれ、その他不調や産後に体重がなかなか減らないというお悩みを解消することはできます。

もし「産後の骨盤矯正」を目的としているならば、長期的に受ける必要はございません。
靭帯が緩み拡がってしまった骨盤は、自然に元へ戻るようになっています。
体重も自然に元へ戻っていきます。

あなたの不正な体の癖を取り、それをきちんと良い状態へと定着させる目的であるなら、定期的に継続して受ける必要があります。
なぜならその癖は長期的な期間持続されて形成したものであるからです。
回数が少なければ少ないほど、元に戻る可能性は高くなります。

長年慢性的に骨性の何かしらの障害など抱えている方であれば、さらに長期的に継続して受ける必要があります。


「岐阜レディース整体院 ご自宅訪問型」では、「産後の骨盤矯正」という名目のみではなく、妊娠時期以前から優れなかった体の不調や出産後に悩むようになった体の不調を解消するという目的で行っています。


もちろん外見的に拡がった骨盤は施術回数が増すたびに徐々に元へ戻っていきますのでウエスト、腹囲、ヒップ、脚まわりは締まっていきます。

国家資格を有しており、経験数が長く個々に合わせた技術力で評判が良い女性術者が、産前から続く体の痛みやしびれ、その他不調などから対応できる「産後の整体」を行っています。

全ての方に全身の施術を行います。

ひとつの症状だけではなく、全身を診ていき全て改善するように施術していきますので悩んでいらっしゃる症状は全てお伝えください。

患者さんが現時点で悩んでいらっしゃる症状だけではなく、今まで自分自身では気が付かなかった点も診れるために異常な感覚を自覚する前に未然に防げます。

恥骨離開(恥骨の痛み)

恥骨離開の症状だけではなく、全身にある症状を解消することが出来ます。

股関節の痛み・筋筋膜性腰痛症・臀部の痛み・膝の痛み(膝関節挫傷)・頸部筋筋膜症(首の痛み)・肩こり

恥骨の痛みが一番の主訴でしたが、他の部位へもあちこちに症状があり全て解消されました。

恥骨の痛みが解消!腰が曲がるようになる

2回目施術前と2回目施術後の腰を曲げた時の変化

【施術前の様子】

2ヵ月前に吸引分娩にてご出産されました。
分娩時、恥骨解離を発症し、
それからずっと恥骨が痛いために予約をいただきました。
産婦人科では、治療ができない為に他の整体院へ2件通院するも、1件目では施術直後は少し軽減したが再発、雰囲気も合わず一回で止めてしまいました。2件目では初回の施術後、全く変化がなく断念しました。

恥骨の痛みは、立ち上がった時や起床時、前へかがんだ時、歩いた時に出ていました。寝ている状態では痛みが出ません。
右膝をご主人様に誤って、踏まれた為に膝が痛いとのこと。
学生の時より肩こり、首の痛みがありました。

【施術】
・初回

上体を前へかがむと恥骨の痛みが出るために
ほとんど前へかがめない状態でした。
右股関節を外旋(あぐらをかく)、外転(足を外へ広げる)すると痛みが出ました。

右の○○が左より5cm程大きく下方へずれていました。
○○を修正しました。
骨盤は右上方5cm、左の腸骨より高く、骨盤の歪みが大きく
腸骨を左右とも同じ位置へ合わせました。
骨盤は出産後、緩んでいるために歪みの修正はしやすくなります。
僧帽筋の緊張が強く、肩関節が内へ丸まっており、肩や頸椎の矯正を行いました。
その他全身の矯正と筋肉の調整をしました。

首の痛み、肩こりはとれました。
右股関節外旋の矯正を行い、股関節の内転筋群の収縮を促しました。
痛みがとれ、可動域が広がりました。

施術が終わり起き上がった時、かがんだ時に痛みを確認しました。
「恥骨の痛みは軽くなった少し痛みはある」とおっしゃいました。
最後、恥骨結合を安定させるために、○○をしました。
○○をすればかなり安定します。

ご自身で、出産後、骨盤ベルトを締めていましたが、骨盤の歪みが大きく恥骨もずれているために、ずれていたのを締め付けていただけで
恥骨の痛みを軽減する方法にはなりませんでした。

骨盤ベルトの使用は、骨盤の柔軟性を失い骨盤に付随する筋肉の動きが制限されます。
腰の痛み、恥骨の痛みは骨盤の自由度がなくなることで、痛みが抑えられているだけに過ぎません。

・2回目

「恥骨の痛みは軽くなっている、右膝の痛みは少しある」とおっしゃいました。

2回目施術前の様子
痛みが出ないところまで前へかがんでもらいました。
初回は強い痛みのためほとんどかがめませんでしたが、2回目施術前(上写真左)は痛みが少し和らいでいるため、少し前屈できるようになりました。

2回目施術後の様子
恥骨の痛みが全く出なくなった為に、前屈角度が増しました。

施術後、起き上がった時、前へかがんだ時に痛みを確認しました。
全く痛みはないとおっしゃいました。
痛みは出ませんでした。

・3回目
「歩行時も恥骨の痛みは出ない。起き上がった時も前へかがんでも
どんな事しても痛みは出なくなった」とおっしゃいました。
しかし歩行時、腰と臀部の痛みが出てきたと話されました。
「膝の痛みはありますか?」とお聞きしたところ、そう言えば、気がつかなかったと言われました。

恥骨の痛みが強く出ていましたが、その痛みがなくなったために、今迄気がつかなかった小さな痛みに気がつくようになりました。
「歩行時、5cm程のヒールがある靴を履いた」とおっしゃったために、ヒールが低い靴を履くようお伝えしました。
骨盤の傾きを修正する為には、靴も重要ですね。
臀部の大殿筋、中殿筋の緊張が軽減し痛みは解消されました。

・4回目
調子が良いとおっしゃいました。
臀部の緊張が少なくなってきました。
右腸骨の前方へのゆがみがなくなってきました。
右大腿直筋、右大腿外側広筋の緊張が少なくなってきました。

・5回目
調子が良いとおっしゃいました。
初回時、うつ伏せの状態でズボンの真ん中の線が右側に寄っていましたが、
5回目では、ほぼ中央にくるようになりました。
お尻がひと回り小さくなりました。
右大腿の緊張、右腸骨の前方へのゆがみがほとんどなくなっていました。
前回、体操を教えたのでその成果が出ていたようでした。

第2子は普通分娩で出産できるでしょう。
ここまでよく頑張りましたね。

岐阜レディース整体院なら、お悩みの症状を改善するだけではなく、姿勢が整い、元の引き締まった身体を取り戻します。

患者様からの産後整体のご感想

  • 出産前のジーンズやパンツが履けるようになった
  • 腰が一回り小さくなった
  • 腰の痛みがなくなった
  • 心もほぐれた
  • 足が重いのがとれた
  • 寒がりだったのに、少し動くと暑くなったり、汗をかくようになった
  • 体がスッキリと軽くなった
  • 肩こりで悩まなくなった
  • 太ももが細くなった
  • 腕が細くなった
  • お尻が小さくなった
  • 体重が減った   など

産後骨盤矯正・産後整体は他店とが違います

①ご自宅へ女性が伺います!

お子様をご家族やご主人様などへお願いして出掛けることなく、ご自宅で産後の整体を受けることが出来ます。

産後の女性への施術経験数豊富で出産経験のある女性が伺います。

国家資格を有する女性の施術ですのでリラックスして受けることが出来ます。

②眠ってしまうぐらい気持ちが良く安心!

痛みがない整体です。

押したり揉んだり、ツボを押したりせずに体を整えていきます。

グイッと関節を動かしたり、グウーと筋肉を無理に引き伸ばすようなことも行いません。


自然に動く範囲内で体を動かし、そこから制限因子を見極めて修正していきます。

③体が引き締まる!痛みしびれ解消!

身体を見たり触ったり動かしていく中で、異常箇所を見付け、そこを丁寧に修正していきます。

自覚症状がない箇所であっても、異常箇所があればそこも丁寧に施術していきます。
骨盤が開いていれば締める方向へ誘導したり、左右骨盤の前後、上下、内外のアンバランスの調整、正しい位置への修正を行い骨周囲の筋肉や靭帯などの組織の調整を行います。
また骨や関節自体に問題がある場合は、痛みが出ない方法で修正します。

骨盤だけではなく全身の骨、関節、筋膜、筋肉などを調整いたします。

結果として、姿勢は大変良くなります。

ウエスト、足は引き締まり、横に広がったお尻は小さくなります。

体が柔軟になり、血行も良くなりますので施術を重ねると体重は減ります。

産後の睡眠不足やお子様の授乳、抱っこ、抱っこ紐、ベビーカー使用など体に過大な負担が掛かり損傷した障害も解消させます。

④個別に体の癖・姿勢を改善するエクササイズ指導!

どうして痛みやしびれが出ているのか?姿勢が悪いのか?が分からなければ、また同じような動作や誤った姿勢、誤った生活習慣をしてしまうために、なぜなのかをご説明いたします。

施術を受けたあと、ご家庭で注意したことを意識しなければ、また徐々に戻ってしまいます。

ずっと良い状態を維持できるように、家庭でできる個別エクササイズ(体操)を指導いたします。

患者さんそれぞれ、痛みの強度が異なりますので、適切な時に指導します。

エクササイズを行っていても、施術の回数が少なければ、正しい状態へ定着するまでに至らず、また痛みやしびれを発生しやすくなります。

正常な状態へ近づいているとはいえ、その段階途中にあるからです。

また、筋肉の問題ではなく骨の変形や骨棘などの障害があり、痛みが出ている場合は直接、骨にアプローチして修正していかなければ難しくなります。

施術では、エクササイズでは解消できないところを修正していきます。

産後整体に最適!綺麗になるチャンスは産後1ヵ月半~の女性

産後整体 目的

1 骨・関節矯正

出産で緩んだ骨盤が出産後、自然に整った状態へ戻るように、骨盤(左右の寛骨、仙骨、尾骨)や骨盤をとりまく筋肉や靭帯、関節あるいは股関節を調節します。

骨盤そのものがゆがむことはほとんどありません。
骨盤の周囲に付く筋肉や仙腸関節によって、骨盤の高さや傾き、開閉が正常な状態から離れてしまいます。

「骨盤がゆがむ」という言葉は、患者さんに伝える際には、分かりやすい表現ですが・・・

骨・関節矯正を行うと、ゆるんだ骨盤は引き締まります。
また骨盤の傾きや高さ、左右のアンバランスが修正されます。

当院では、骨盤矯正ベルトなどで締め付けるような施術や使用の推奨はしておりません。

骨関節矯正は、骨盤だけではなく全身へ行います。

出産後の授乳、抱っこ、おんぶ、抱っこ紐、寝不足などで疲労が蓄積された身体をゆるめ、全身の症状を改善させます。

施術後は、驚くほど全身が軽くなります。

2 痛みやしびれを改善

産後に発生したあるいは悪化した腰痛、肩こり、首痛、頭痛、恥骨の痛み、股関節の痛み、膝の痛み、足のしびれ、足のむくみ、手のしびれなど全身の痛みやしびれその他不快な症状を良い方向へ改善するように、筋膜や筋肉、腱、靭帯などにアプローチしていきます。

産後整体 症状例

骨盤矯正、骨盤のゆがみ、姿勢が悪い、猫背、体重が下がらない、体が横に広がった、腰痛、肩こり、首痛、頭痛、背中の痛み、胸の痛み、恥骨の痛み、股関節の痛み、膝の痛み、腕の痛み、足のしびれ、足のむくみ、足がつる、手のしびれ、母乳の出が悪い、便秘、アトピー性皮膚炎、産前からの慢性的な骨疾患(腰椎椎間板ヘルニア、変形性頸椎症など)その他不快な症状

産後整体 対象者

  • 初回時、産後1ヵ月半から産後1年までの女性
    ※産後の時期という理由で施術方法が変わることはございません。産後1年を経過した方も全身を診ていく中で、骨盤の開き・高さ、傾きの修正を行いますので、ご心配入りません。
  • 産後、痛みやしびれなど身体の症状で悩んでいる女性で継続的に施術を受けられる方

産後1ヵ月半から受けれます

骨盤は関節と関節を繋ぎ止めている靭帯で連結されておりこの靭帯が「リラキシン」によって緩むことで開いていきます。

この「リラキシン」とは、女性ホルモンのひとつであり骨盤を開く作用があります。
恥骨結合は、このリラキシンによって靭帯が緩むことで、結合を弱め産道を確保して出産に備えるのです。


「リラキシン」が多く分泌されるのは、生理前や妊娠中~産後6ヵ月までの時期であり、骨盤は緩まって開いています。
逆に、産後6ヵ月以降は分泌が減っていきますので、骨盤は締り閉じていく方向へ向かいます。

さて、骨盤矯正がしやすい時期は、いつになるでしょうか?
それは、骨盤が緩んでいる時期です。

骨盤に動きがあり、緩んでいるとゆがみがある状態から、ゆがみのない状態へ戻すことが容易になります。
骨盤が緩んでいるということは骨盤が不安定で変化しやすい状態です。

今まで痛みがなかったのに出産後痛みが出てくる人も多くいます。
出産後は非常に骨盤が不安定な状態にありますので、その時期にきちんと整えておけば、体の不調に左右され不自由することなく活動しやすくなります。

骨盤が緩まっており、綺麗に整える絶好の時期ですから、このチャンスを見逃さないわけにはいきません。

その中でもベストは時期は、産後1ヵ月半~産後6ヵ月まででしょう。


実際、施術をすると出産後の女性は、少ない時間で骨盤のゆがみが解消されます。

産後1ヵ月半未満までの骨盤は、大変緩まっており不安定な状態です。
そのような中、家事で体を動かせばたちまち骨盤が左右アンバランスとなり、その状態でかたまってしまうことにもなりかねません。

産後に体が衰えるか衰えないかは、左右の骨盤のバランスと締まりにかかってきます。


それ程、骨盤は女性にとって大切な器官ですから、産後すぐの時期はなるべく動かないで休ませてあげましょう。

まずはお気軽にお問い合わせください。080-2155-4826お電話受付時間・営業時間
9:00-20:00[ 日・祝日除く ]

ネットからのご予約・お問い合わせ